QLOOKアクセス解析

貸金業法の改正によって、新たに「総量規制」という法律が施行されました。この法律は、年収の3分の1を超える借り入れを規制するものです。

例えば、年収が300万円だったとしたら、100万円までしか借り入れすることができない法律です。

この総量規制ができる前からキャッシングをしていて、年収の3分の1を超える借り入れの総額があった場合、既に追加融資ができなくなっている方も多いことでしょう。

ほとんどの消費者金融では、予告なしに追加融資を制限しているので注意しなければなりません。

消費者金融のテレビCMなどでも、総量規制のことに触れていますが「スーパーローン」はどうなのでしょうか?

銀行系カードローンなら総量規制の対象外になる

「スーパーローン」は楽天銀行が提供している銀行系カードローンです

総量規制は、消費者金融のキャッシングに対する法律であり、銀行カードローンは対象外になっているのです。なので、年収の3分の1を超える借り入れにも対応してくれます。

また、銀行系カードローンの中には、アコムなどの消費者金融業者が保証業務を行うことが多くあるので、不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

そこはご安心ください!!

総量規制は、保証会社ではなく契約先に対する法律なので、楽天銀行で契約する「スーパーローン」は対象外になるのです。

総量規制対象外のメリット

「スーパーローン」が総量規制の対象外であることが分かりましたね。そこで、総量規制対象外のカードローンのメリットについてご説明しましょう。

年収を気にしなくて良い

高額融資を希望する場合、年収の3分の1を超えてしまう方がほとんどと言われています。特に、借り換えやおまとめなど、100万円以上の借り入れが必要なのに総量規制によって融資を受けられないケースが多くあります。

「スーパーローン」なら総量規制対象外なので、100万円以上の高額融資にも対応させることができますよ。借り換えやおまとめならまず最初に相談してみてはいかがでしょうか。

キャッシングの第2候補として使う

アコムやプロミスといった消費者金融で断られた場合、次の候補として「スーパーローン」を検討してみるのも良いかもしれません。

消費者金融へ申し込んでも、総量規制が原因で断られていることも多くあります。しかし、総量規制の対象外である「スーパーローン」ならきっと相談に乗ってくれることでしょう。

総量規制の対象外ここに注意!

「スーパーローン」が総量規制の対象外であることは、借りる側にとってとても便利であることは間違いありません。しかし、それだけにしっかりとした自己管理が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

また、総量規制の施行と同時に、各社ともに金利の引き下げが行われていますが、審査が厳しくなっている傾向が見られます。

総量規制対象外だからと言って、誰でも高額融資を受けられるものではないのです。まずは、自分の状況をよく把握して、申し込む前に自力で返せるところがあれば先に完済させておくことがベストです。